仕事と人Work & Person

S.W.

情報戦略推進部
システム課 課長
2008年入社 情報システム系学科卒

入社動機/価値観

会社選びで重視していたポイント

私は、ナ・デックスへは中途で入社しました。前職では、SEとしてシステム開発に携わっていましたが、システムは、納入してしまえば基本的に窓口となる担当者の声しか聞こえてきません。自分の手掛けたシステムが、本当にご満足いただけているのか、もっといい解決方法もあったのではないか、ということを知りたいと感じたのが転職を考えるきっかけでした。その点、自社のシステム開発を担当する社内SEならば、同僚たちに使い心地などの本音を聞くことができるため、社内SEを募集している会社を探しました。

ナ・デックスを志望した理由

私の転職活動と、ナ・デックスの社内SE募集のタイミングが合ったことが一番の決定要因ですが、ちょうどその頃、結婚を意識していたため、待遇面の充実や、経営が安定している会社であることも重視していました。

仕事内容/存在意義

誰に、どのような価値を提供する仕事か

社内の皆さんが利用するシステムを企画・導入し、運用からメンテナンスまで行うことが私の業務領域です。皆さんに「便利になった」「仕事がはかどるようになった」と言ってもらえることが最大の価値であるため、ソフトウェアだけでなく、どのようなハードウェア(パソコンやスマートフォンなどの機器)を導入するかなどの選定も行います。

ナ・デックスだからこそ、できること

会社が、私たちの提案に聞く耳を持ってくれることです。例えば昨年、全ての営業にスマートフォンが支給されましたが、費用対効果だけを見ていたら、なかなか了承を得られなかっただろうと思います。導入後は、ちょっとした待ち時間に、パソコンを立ち上げなくてもメールの返信ができるようになったため、業務効率が上がるなどの効果が出ています。

その仕事によってどのような成長が得られるか

私の手掛けたシステムについて、社員の皆さんから使い勝手などをダイレクトに評価いただけることが嬉しいですね。厳しい意見もありますが、それが自分自身の次の成長へとつながっています。そして、一緒に働く仲間たちに喜んでもらえることが、何よりのやりがいです。

将来の目標

入社後に立ち上げた基幹システムの導入から約10年。そろそろ次を考える時期に来ています。国内だけでなく、海外拠点とのTV会議システムや、受発注などの業務をシームレスに行えるシステムなどの検討も必要です。また、AIの活用などで、働き方改革を後押しできるツールの開発・導入も考えなければなりません。挑戦しがいのあるテーマが多く、非常にわくわくしています。

pagetop